THUAN AN KYOTOはとても素晴らしい送り出し機関なの(でした)

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. かきえもん より:

    送り出し機関のことがよくわかるレポートでした。
    学校の紹介の中に面接風景というのがありました。
    仙台にきたベトナム娘が、誰でも送り出し機関の学校に入れるわけではないと言っていたのがよくわかりました。
    その娘は「性格が悪いと入れない。」と言っていましたね。
    皆さんの一生懸命な様子が伝わってきました。
    なに、たまさん、トラバーユするんですか。
    一度しかない人生だ、どーんと行きましょう。思ったことをやりましょう。
    私がベトナム旅行をして、どこかの空港でちらっと会っただけの若い女性も、日本語の学校?を立ち上げているところだと張り切っていたのを思い出します。
    ではまたのハノイレポートをお待ちしております。
    若手の

    • tama より:

      かきえもんさん
      こんにちは。
      いい加減な運営をしている送り出し機関も多数あります。その様な機関はお金を払えば大半は入る事が出来ます。
      ただ、日本で3年間働くと言うのは、ある程度の資質や実習生の性格、適正も大切です。
      清く正しく運営をしている送り出し機関は、その辺りも考慮して実習生を選び教育しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください